このブログの中から、相続関連手続きについての記事をピックアップしました。ご不明なことがあれば、千葉県松戸市の高島司法書士事務所までお気軽にお問い合わせください。

また、相続に関する情報については、千葉県松戸市の高島司法書士事務所が運営する相続・遺言の相談室ホームページもぜひご覧ください。

相続全般のお話

相続手続きの相談は誰にするべきなのか
 相続の相談なら、司法書士?税理士?弁護士?行政書士?誰にするのが良いのでしょう。

相続登記はお早めに(相続登記の期限)
 相続登記をしないでいると、登記に必要な書類の取得が困難になることがあります。
 また、次の相続(数次相続)が発生すれば、相続人全員の協力を得るのが難しくなるかもしれません。

相続に関する基礎知識

相続人となるのは誰か(法定相続人、代襲相続人)
 亡くなった方の、配偶者、子、父母、祖父母、兄弟などのうち誰が相続人になるのか。
 代襲相続についても解説しています。

法定相続人の確定に必要な戸籍謄本など
 相続登記や銀行預金の引き出し(名義変更)では戸籍等による相続人の確定が必要です。

法定相続人の相続分について
 相続人が複数いる場合の、それぞれの相続分について。

不動産相続登記

不動産相続登記に必要な戸籍について
 戸籍(除籍、改製原戸籍)は、被相続人が生まれてから亡くなる迄の全てが必要なのが原則です。

故郷の不動産相続登記もご依頼いただけます
 不動産登記は、郵送、またはオンライン申請により、全国どこにある不動産についても
 現地に行かずに手続が可能です。そのため、遠方であっても追加料金はかかりません。

自筆証書遺言による不動産相続登記
 自筆証書遺言では、記載内容の有効性が問題になることが少なくありません。

遺産分割協議書

相続登記で遺産分割協議書が不要なとき
 遺言書がある場合、法定相続人が1人の場合、法定相続分での登記をする場合など。

遺産分割協議書の作成について
 遺産分割協議書は、法定相続人の全員により作成します。
 記載に不備があると相続登記できないので、司法書士にお任せいただくのが確実です。

相続人中に海外在住者がいる場合の印鑑証明書(サイン証明)
 遺産分割協議書に印鑑証明書の代わりに、サイン証明(署名証明)を付けます。

遺産分割協議のための、特別代理人の選任
 相続人が未成年者であって、親権者と利益相反行為に該当する場合。

相続放棄の申述

相続放棄のための、特別代理人の選任
 相続人が未成年者であって、親権者と利益相反行為に該当する場合。

相続放棄・限定承認の申述の有無についての照会
 相続放棄申述の事件番号、受理年月日が不明な場合にも、この手続きにより調べることができます。

相続放棄申述受理証明書の交付申請
 相続登記等に必要になります。利害関係人から交付請求することもできます。

3ヶ月経過後の相続放棄
 3ヶ月の熟慮期間の起算点についてなど。

家庭裁判所での相続放棄申述(相続開始3ヶ月経過後)
 実際の事例に基づいての記事です。

その他

被相続人の債務処理について