「2013年5月」の記事一覧

遺言書の検認には時間も手間もかかります

被相続人が自筆証書遺言を作成していた場合、その遺言の執行をおこなう前に、家庭裁判所で遺言書の検認を受けなければなりません。 遺言書の検認とは、相続人に対し遺言の存在、およびその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂・・・

相続放棄手続きの全国対応について

相続放棄の手続きについて、相談できる専門家が近くにいないとの相談をよく頂きます。相続開始(被相続人の死亡)から3ヶ月以内にする相続放棄であれば、どの司法書士や弁護士に依頼しても通常は問題ないと考えられます。 しかし、次の・・・

3ヶ月経過後の相続放棄が認められた例

被相続人の子が、相続開始(父の死亡)から3ヶ月が経過した後に相続放棄申述して、無事に受理された事例です。 客観的にみれば熟慮期間を経過していると判断されても仕方ない事実はあるものの、ご依頼者の取った行動にはやむを得ない事・・・

夫婦間、親子間の不動産贈与

近年の遺産相続に対する意識の高まりを反映してか、夫婦間や親子間での不動産贈与についてのご相談が多くなっています。 自分の考えるとおりに所有不動産をご家族へ引き継がせるためには、遺言書を作成しておく方法もありますが、生前贈・・・

このページの先頭へ