「親子」の記事一覧

子がいないと誰が家を継ぐのか

養子とは、血のつながりのない親と子の間に、法律上の親子関係を創り出す制度です。市町村に養子縁組届を出して受理されると、養子は養親の戸籍に入りますから、苗字も当然に養親と同じになります。これにより、家を継ぐ子ができたことになります。

子を認知すると戸籍はどうなるのか

夫婦関係の無い男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)は、母が出生届を出すことにより、母の戸籍に入ります。それまで、母が両親の戸籍に入っていた場合には、母親が筆頭者である戸籍が新たに作られ(分籍)、母と子が入っている戸籍ができます。同じ戸籍に入ることが出来るのは、一組の夫婦とその子供の2世代のみだからです。また、子を認知した場合には、父の戸籍に認知届出をした旨が記載がされます。

このページの先頭へ