「贈与登記」の記事一覧

土地・家屋の名義変更(夫婦、親子間の贈与)

夫婦や親子の間で土地や家屋の名義を変更する場合、無償での譲渡がおこなわれることが多いでしょう。この場合には、贈与を原因とする不動産(土地、建物)の所有権移転登記をします。贈与とは無償(無料)で財産を譲り渡すことですから、金銭などによる対価を支払うことなく土地や建物の所有権を移転することができますが、贈与税の負担について事前の検討が必要です。

離婚前に財産分与の登記ができるのか

財産分与により不動産の名義変更をするには「財産分与を原因とする所有権移転登記」をします。 この登記原因として登記簿に記載されるのは「平成○年○月○日 財産分与」ですが、この日付は財産分与の協議が成立した日となります。 た・・・

不動産の生前贈与(親から子へ)

マンションなどの不動産を、親から子へ生前贈与したいとのご相談をよくいただきます。親子ともに元気なうちに生前贈与して名義変更(所有権移転登記)を済ましておくことで、将来への不安を減らしたいと考える方が多いようです。 マンシ・・・

夫婦間、親子間の不動産贈与

近年の遺産相続に対する意識の高まりを反映してか、夫婦間や親子間での不動産贈与についてのご相談が多くなっています。 自分の考えるとおりに所有不動産をご家族へ引き継がせるためには、遺言書を作成しておく方法もありますが、生前贈・・・

相続税の基礎控除縮小 課税対象を拡大

相続税の基礎控除縮小 課税対象を拡大 政府・自民調整 政府・自民党は10日、2013年度税制改正で見直し対象となっている相続税について、相続財産から差し引いて課税額を少なくする「基礎控除」を縮小し、課税対象を広げる方向で・・・

このページの先頭へ