「相続Q&A」の記事一覧

相続財産の処分と保存行為(相続放棄できるのか)

相続問題のQ&A

母が亡くなった後、被相続人である母名義の銀行預金を解約し、解約金を母の入院費の支払や葬儀費用の一部に充てました。こうした行為は、相続財産の処分にあたるとされ、その後に相続放棄をすることはできないのでしょうか。

父の後妻の相続人は誰なのか

父の後妻の相続人

父が再婚した場合でも、その子たちと再婚相手(後妻)との間に、自動的に親子関係が生じることはありません。したがって、父の後妻が亡くなったとき、前妻の子たちは相続人にはなりません。この場合、父と後妻の間に子がいれば、その子が相続人となりますが、本例では子がいません。そこで、後妻に兄弟姉妹(または、その代襲者)がいれば、その兄弟姉妹等が相続人となってしまいます。

父の相続放棄をした場合でも、その父を代襲相続するのか?

代襲相続とは「被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる」ことです。「被相続人の子の子」が代襲相続人となるのであり、「被相続人の子の相続人」であることは必要条件ではありません。よって、父の相続を放棄した場合であっても、祖父の相続人となるわけです。もしも、祖父の相続も放棄しようとするならば、あらためて相続放棄の手続きをする必要があります。

夫の遺産を全て妻が相続するには

相続問題のQ&A

相続放棄とは、法律上「最初から相続人では無かった」との効力を生じさせるためにおこなうもので、通常は亡くなられたご家族(被相続人)が多額の債務(借金)を抱えていた場合にとる手続きです。相続人中の1人に全ての遺産を相続させたいというのであれば、相続人全員の合意により遺産分割協議書を作成すればよいのです。具体的には、被相続人の妻が全ての遺産を相続するという内容の遺産分割協議書を作成し、相続人の全員が署名押印(実印)し、印鑑証明書を添付します。

嫁に行ったら遺産相続権は無くなるのか?

相続問題のQ&A

勘違いされている人も多いようですが、結婚して夫の苗字を名乗ったとしても、実の父母についての遺産相続権が失われるなどということはありません。現在の法律(民法)では、子供であれば、嫁に行った娘だろうが、家の跡取りとなる長男だろうが、遺産を相続する権利は相続分を含めて同じです。長男が次男よりも相続分が多いこともありませんし、長男、長女、次男の3人の子供がいたとすれば、相続分は3分の1ずつでまったく同じです。

嫁は義父の遺産を相続できるのか

相続問題のQ&A

義父と養子縁組をしている場合を除き、子の配偶者には、義父の遺産を相続する権利は一切ありません。嫁(子供の妻)から見た義父とは、配偶者である夫の父(直系尊属)に過ぎません。そこに親子関係は存在しませんから、遺産を相続する権利もないわけです。

祖父名義の土地を孫が相続できるか?

相続問題のQ&A

祖父が亡くなりました。そこで、祖父が所有していた不動産(土地)の名義を、孫である私に相続によって変更することはできますか?なお、私の父親(祖父の子)は健在です。 ご質問のケースでは、お父様が相続人となります。被相続人に相続人である子がいる場合、孫は相続人となりません。したがって、相続によって祖父から孫に不動産(土地)の名義を直接変更をすることはできません。

このページの先頭へ