高島司法書士事務所のウェブサイトに司法書士に相談できることのページを追加しました。

「司法書士ってどんな仕事をしてるんですか?」とは、とても良く受ける質問であり、お答えするのに困る質問でもあります。

そもそもは不動産や会社についての登記や、裁判所提出書類の作成が主な業務ですけど、最近では、簡易裁判所での訴訟代理業務や裁判外での和解(示談)交渉もできるようになりました。

なんて、できるだけ正確に答えようとすると上記のような感じになりましょうか。

でも、これじゃ分かりづらいですよね。弁護士、税理士、社会保険労務士、公認会計士あたりは、ほんとに実態を理解しているかは別として、職業名を聞いただけで納得する方が多いように思えます。

それにくらべて、「司法」の「書士」ですから、何のことやら分からないのも仕方ないです。似たような名前の行政書士さんと混同されるのも当然です。やってることは、全然違うのですが。

そして、司法書士はどんな仕事をしてるのか?との質問は、日常生活のときだけでなく、依頼者の方からも良く受けます。通常、ご依頼者の方は、相続登記、会社設立、債務整理・・・と、特定の業務により司法書士と関わることになります。

そこで、司法書士という職業の人と話をするうち、この人は、まさか相続登記(もしくは、会社設立、債務整理)だけを毎日やってるわけじゃないだろうし、司法書士とは本来は何をする職業なのだろう?との疑問が出てくるのでしょう。

それであれば、すぐに司法書士の仕事についてお分かりいただけるような説明ができれば良いのですが、相変わらず質問に口ごもる日々なのであり。やはり、ちゃんとメニューを示すことが必要なのではないかと。

そんなわけで、まずは司法書士法で定められた司法書士業務についてのページを作ってみましたが、今後は「司法書士に相談できること」について、あらためて言葉にしていきたいと思っております。