司法書士試験受験から事務所開業までの回想

松戸の司法書士高島一寛です。本日、司法書士試験の最終結果発表があり、当事務所スタッフが無事に合格を果たしました。仕事をしながらの試験勉強は非常に大変だったこと思いますから、本当にめでたい限りです。

私が、司法書士試験に合格したのは平成12年なので、もう10年以上が経ちます。今では当時の記憶も薄れつつありますが、この機会に、私の司法書士試験受験について振り返ってみようと思います。

今さら自慢しても仕方のないですが、私は、司法書士試験に1度目の受験で合格しています。しかも、法律を学んだことがない状態で勉強を開始し、わずか8ヶ月後の受験でした。

ただし、平成11年10月いっぱいで勤務先を退職し、翌年7月の試験まで勉強のみに専念していましたから、仕事をしながら勉強をしている人とは全く条件が違います。

司法書士試験の勉強をはじめた時点で、すでに29歳でした。30歳を目前にして、仕事を辞めての無謀とも言える挑戦だった分、必死に勉強したというのもたしかです。実際、日曜日を除いては、少なくとも毎日10時間は勉強していました。

試験勉強は早稲田セミナーの講座を受講しました。たしか、14ヶ月合格コースというもので、開講は試験前年の4月。しかし、私が司法書士試験の学習を開始したのは11月ですから、すでに半年以上も経過しています。そこで、通信講座を利用して一気に追いつこうと考えました。

当時の通信講座では、講義を収録したカセットテープが送られてきます。生の講義でないと分かりづらいと思われるかもしれませんが、人気講師の司法書士試験講座では、大きな教室に溢れるほどの人が出席していますから、そもそも質問などほとんどできません。

それであれば、聞き逃したところをもう一度聞いたり、メモを取るときはストップさせたりと、自分のペースで進められるカセットテープによる学習は非常に効率的でした。そうして、4ヶ月くらいの後には、実際の授業のペースに追いついていたはずです。先を急いだ分、深い理解には欠ける一方、記憶が新鮮なうちに全体を網羅できたのは良かったと思います。

心がけたのは、先生の指示以外のことは絶対にしないこと。勉強をしているうちに不安になって、教材以外のテキストや、問題集などに手を出したくなるものです。何年もかけて勉強し、幅広く完璧な知識を得たいのならそれも良いでしょう。しかし、最短期間で合格するには、最低限必要なことだけをやる時間しかないのです。

試験が近くなってきて、司法書士試験の模試を受けても、とても受かるレベルには達していません。それでも、同じテキスト、問題集を何度も繰り返しました。それによって、試験本番のときにようやく合格水準の実力を備えることができたのだと思います。

司法書士試験合格者の中では、たぶん最低レベルの知識しかなかったと思いますが、それこそが短期合格を果たすことができた理由だともいえるはずです。ただし、その後、2年、3年と受験期間が続いたとすれば、戦略を練り直す必要があるのは当然です。私のケースは、勢いのままに1回で合格できた特殊な事例だと考えるべきでしょう。

そして、平成13年1月から12月までの1年間、都内の司法書士事務所で勤務した後、平成14年3月に松戸市で事務所を開業しました。つまり、法律の勉強をはじめてから、2年と少しの後には司法書士事務所を開業していたわけです。

その程度の経験期間で事務所開業をすることを危惧される方もいらっしゃるでしょう。しかし、試験に合格するレベルの知識を身につけた後で、実務に1年間就けば多くの業務を経験することが可能です。

もちろん、その後も1年、2年と修行を続ければ、たしかに業務経験の穴は少なくなってくるでしょう。しかし、それは1年間で経験できたのが7割だったとして、さらに3年間修行すれば10割になるというものではありません。そもそも、10割の知識と経験がなければ独立できないと考えるなら、永遠に独立など出来ません。

とくに、私の場合、司法書士試験に合格した時点で30歳になっており、それまでにある程度の社会経験を積んでいました。そのため、司法書士として最低限の知識と経験を得ることができれば、すぐに独立しても十分に通用すると考えていました。

そして、多くの方々に支えていただきながらも、来年の3月で独立開業から10年を迎えることになります。本当にあっという間であり、密度の濃い10年だったとあらためて実感しています。また10年後にも、こうしてブログに投稿できるよう、健康に留意しつつ、業務に励んで参ります。

そんな先のことを考える前に、来年3月の開業丸10年を無事に迎えねばなりませんが(笑)。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームはこちらのページをご覧ください。

※ なお、お電話のみによる無料相談は承っておりません。

松戸駅1分の高島司法書士事務所

このページの先頭へ