千葉県松戸市の司法書士高島です。このブログを開設し初投稿したのが昨年の5月31日のこと。それから8ヶ月弱が過ぎ、このブログ記事でようやく100投稿目となります。

単なる日記ではなく、それぞれの記事にテーマを持たせるよう心がけたため、一つの記事を書くのにもそれなりの時間がかかりますし、なにより書くことを考えるのに随分と時間を取られたこともあります。昨年中には軽く100投稿を突破しているはずだったので、予定よりは少し遅くなってしまいましたが、自分としては上出来だと思っております。

仕事でも訴状や準備書面、その他の通知書等で文章を書く機会は多いですが、このブログのようにひたすらと文章を書き連ね続けたのは初めての経験です。これだけ書いていると、文章が上達しているかどうかは別として、文章を書くスピードが上がってきたような気はします。

ところで、私はキーボード入力のスピードについては、以前より多少の自信を持っております。タッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につけたのは学生の頃なので、すでに20年以上が経ちます。

当時はパソコンなど自宅に無かったので、ワープロ専用機を使いました。キーボードのイラストが描いてある紙を脇に置いて、それを見ながら打つ練習をしたものです。もの凄くレトロチックな方法ではありますが、そのときに身につけた技術が今でも生きているわけです。

キーボードを意識することなく、考えるスピードで打てるのは、とても大きな武器だと考えています。IT技術は大きく進歩しても、キーボードによる入力が主流の時代はまだしばらく続ような気もしますし・・・。

ちなみに、私が新卒で会社に入った頃は、上司から手書した文章のワープロ入力を良く頼まれました。さらには、文書を作るときに最初からワープロに向かうと、まずは下書きしろと言われたものです(笑)。

記念すべき100投稿目はただの日記と思い出話になってしまいました。今後も、司法書士業務のお話を中心に役立つ情報をご提供できるよう努力して参りますので、松戸の高島司法書士事務所をどうぞよろしくお願いします。