混同を原因とする条件付所有権移転仮登記抹消

農地法5条の許可を条件として仮登記をした後、仮登記の本登記をすることなく、新たに所有権移転登記をしました。この時点で、仮登記(条件付所有権移転仮登記)を抹消しないまま、さらに売買による所有権移転登記がされています。

この場合に、登記が残ったままの「条件付所有権移転仮登記」を抹消するにはどのようにすればよいでしょうか。なお、ここでご紹介するのは実例に基づいてはいますが、実際に手続きをする際には、事前に法務局で確認をするようにしてください。

司法書士へのご依頼前の登記事項証明書

上の図は、登記事項証明書の一部(甲区)ですが、これを例にして解説をおこないます。

昭和40年に登記をしたときには、この土地の地目は農地でした。そのため、農地法による許可を条件とする、条件付所有権移転仮登記をしたわけです。しかし、その後に宅地へ地目変更されたことなどにより許可が不要になりました。そこで、条件が成就したことによる仮登記の本登記をするのではなく、新たに売買を原因とする所有権移転登記をしたのだと思われます。

この場合、条件付所有権は、仮登記権利者が所有権を取得したことにより混同により消滅すると考えられます。そこで、「混同」を原因として仮登記の抹消をすべきですが、この場合の登記申請は誰がおこなうのでしょうか。

まず、混同を原因とする仮登記抹消をする場合には、現在の所有権登記名義人(流山二男)と仮登記権利者(松戸花子)との共同申請で行います(登研508号)。または、仮登記権利者の承諾書があれば、現在の所有権登記名義人が単独で申請できると思われます。

仮登記権利者が登記申請に協力せず、承諾書をもらうこともできない場合には、「当該登記名義人に対抗することができる裁判があったことを証する情報」を添付します(不動産登記令別表70項)。

具体的には、仮登記名義人を被告として、「○○地方法務局○○支局昭和40年○月○日受付第○○○○○号の条件付所有権移転仮登記の昭和45年○月○日に混同が生じたことによる抹消登記手続をせよ。」というような判決を得ることにより単独で抹消登記申請ができるわけです。

登記完了後の登記事項証明書の記載は次のようになります。順位番号2番の条件付所有権移転仮登記に下線が引かれることで抹消されているのが確認できます。また、余白と書かれていたのが、「余白抹消」に変わっています。

条件付所有権移転仮登記抹消後の登記事項証明書

(参考)混同を原因とする条件付所有権移転仮登記の抹消

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームはこちらのページをご覧ください。

※ なお、お電話のみによる無料相談は承っておりません。

松戸駅1分の高島司法書士事務所

このページの先頭へ