千葉県松戸市の高島司法書士事務所が運営する「相続・遺言の相談室」に相続登記で遺産分割協議書が必要なときのページを追加しました。

遺産分割協議書は、相続により不動産の名義変更登記をする場合や、銀行預金の払い戻し、株式などの有価証券や自動車の名義変更をする際に必要なものです。

司法書士が不動産の相続登記をご依頼いただく場合、必要に応じて、遺産分割協議書の作成も行うのが通常です。

したがって、遺産分割協議書が必要であるかをご自身で判断する必要は無いともいえますが、しかし、この協議書の要否が相続手続きを進めるにあたって大きな違いになることがあるのです。

すなわち、遺産分割協議書が必要だということは、相続手続をするにあたって他の相続人全員の協力を得ることが必要だといういうことです。

つまり、遺産分割協議に合意してもらうのが難しそうな相続人がいる場合であっても、遺産分割協議書が不要であれば、スムーズに相続手続きを進めることができるのです。

ただし、相続が開始した後になって対策をすることはできません。法定相続人が複数いる場合には、自身の生前に遺言書を作成しておくのが最善の方法だといえるでしょう。