相続人が1人なのに遺産分割協議書が必要なとき

相続人が1人の場合、相続登記をするときに遺産分割協議書は必要ないのが通常です。

相続人が1人のみなのであれば、その相続人が当然に遺産のすべてを相続します。したがって、遺産分割協議をする余地はありませんから、協議書も不要なのは当然のことです。

ところが、相続登記の申請時には相続人が1名のみなのにもかかわらず、遺産分割協議書が必要書類となる場合があります。

相続関係説明図(相続人が1人)

上図では、被相続人である夫が平成20年に死亡しています。この時点では、妻と長男の2人が相続人でした。ところが、遺産分割協議をおこなわないでいるうちに、妻も平成25年に死亡してしまいました。

この状態で、長男が自分名義に相続登記をするとします。相続人は1人ですから遺産分割協議をする余地はないようにも思えますが、登記手続き上は遺産分割協議書の添付を必要となります。

もしも、遺産分割協議書がなかったとすれば、次の2件の相続登記が必要になると思われます。

1.被相続人である夫から、妻および長男の共有名義にする相続登記
2.妻持分を、長男名義に変更する相続登記

遺産分割協議書を作成する際には、母親の相続人の地位も引き継いでいることを明らかにします。そのため、遺産分割協議書への各人の肩書きの書き方は次のようになります(なお、実際には夫、妻、長男ではなく、それぞれの氏名を記載します。また、協議書全文の記載例は、数次相続による相続登記をご覧ください)。

 被相続人 夫(平成20年○月○日死亡)
 相続人兼被相続人 妻(平成25年○月○日死亡)
 相続人兼妻相続人 長男(平成20年○月○日生)

しかし、父母についての相続放棄をしたようなケースを除けば、母の相続が開始したことにより、唯一の相続人となった長男が当然に遺産のすべてを相続します。さらに、1人で遺産分割協議をしても、他に相続人がいないのですから、自分以外の誰かが不動産を相続するとの選択肢はあり得ません。

それでも、不動産登記は権利の変動を正しく現す必要があるので、登記手続きにおいては遺産分割協議書の添付が必要となるのは仕方のないところでしょう。

相続登記の関連ページ

相続登記(高島司法書士事務所ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームはこちらのページをご覧ください。

※ なお、お電話のみによる無料相談は承っておりません。

松戸駅1分の高島司法書士事務所

このページの先頭へ