結婚をする際には、夫婦について新たな戸籍が作られます(新戸籍の編成といいます)。

婚姻届で「婚姻後の夫婦の氏」を選択し、夫婦の氏として選んだ姓を元から名乗っている方が、新戸籍の筆頭者となります。

正確に書こうとすると、わかりづらい書き方になってしまいますが「夫の姓を選ぶことで、夫を筆頭者とする新戸籍が作られる」のが大多数です。

そこで、結婚時に夫の姓を名乗っていたケースを例にして、離婚と子の戸籍について解説します。

離婚すると妻の戸籍はどうなるか

離婚すると、筆頭者でない配偶者は、夫婦の戸籍から除籍されるので、本例では、妻が戸籍から除かれることになります。

除籍された妻は、「結婚前の戸籍に戻る」のが原則ですが、新たに「自分自身を筆頭者とした戸籍を作る」こともできます。

結婚前の戸籍に戻っても、新たに戸籍を作っても、いずれの場合でも、結婚により氏(姓)を変えた妻は、離婚すると旧姓に戻ります(復氏といいます)。

ただし、離婚後も夫婦の姓を使いたいときには、離婚から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に出します。

離婚すると子の戸籍はどうなるか

離婚する際、夫婦に未成年の子がいる場合、両親のうちどちらが親権者になるかを決めて、離婚届に記入します。

このとき、母親を親権者に決めたとしても、子供の戸籍は父親と一緒のままです。子は親権者の戸籍に入るわけではないのです。

母と子の戸籍を一緒にしようとするときは、家庭裁判所へ「子の氏の変更許可申立」をし、その許可審判書謄本を付けて、市区町村役場へ入籍届をします。

この入籍届が受理されると、子は父親の戸籍から除籍され、母親の戸籍に入ります。

なお、母と子が同じ戸籍になるためには、離婚の際に新しい戸籍を作るようにします。結婚前の戸籍に戻った状態では、子が同じ戸籍に入ることはできません。同じ戸籍に入れるのは、夫婦とその子供のみだからです。

子の氏の変更許可申立など、家庭裁判所に提出する書類の作成は司法書士にご相談ください。松戸市の高島司法書士事務所は、千葉家庭裁判所松戸支部からもすぐです。

子の氏の変更許可申立