高島司法書士事務所では、メールや電話のみによる無料相談はお受けしていませんが、この度、新たに有料メール相談を承ることとなりました(なお、当事務所へお越しいただいてのご相談は原則として無料です。くわしくは、ご相談予約・お問い合わせのページをご覧ください)。

メール・電話による無料相談をおこなわない理由

pc当事務所では、電話やメールによるご新規のお問い合わせを、ほぼ毎日、複数件いただいております。

ほとんどの同業者にとっては信じられない事実でしょうが、ウェブサイトおよびブログへの訪問者数が1日平均1,000程度あるので、お問い合わせが多いのも当然といってよいでしょう。

インターネット経由でのお問い合わせが週に数件程度の事務所だったり、司法書士本人ではなく電話相談員などによる対応であれば、無料相談をおこなうのも可能でしょう。しかし、当事務所において、私自身がメールや電話による無料相談に応じるのは時間的に不可能です。

有料メール相談をはじめる理由

けれども、遠方にお住まいだったり、お仕事の都合などにより、当事務所へ出向いての相談は難しいのだけれども、どうしても司法書士高島に相談したいとのご希望も数多くいただいておりました。そこで、まずは実験的に有料メール相談を開始することとしたのです(今後は、事前にご予約いただいての有料電話相談なども検討したいと考えています)。

メール相談には、すべて司法書士自身が責任を持ってご回答します。司法遺書士業務として有料でお受けするわけですから、事務所にお越しいただいてのご相談と同等だとお考えくださいって差し支えありません。

有料メール相談をおすすめしたいケース

メールによる相談のみをご希望の場合も、もちろんご利用いただけますが、まずはメール相談してみたいという方にも是非ご利用いただきたいと思います。たとえば、次のようにお考えの方です。

1.最初から事務所に行って相談するのは敷居が高いし、それに、無料相談をしてしまったら依頼しなければならない気がする。

2.わざわざ時間を取って相談に行っても、自分の求める回答が得られるのかが疑問に感じる。

このような場合、まずは有料メール相談をしてみて、その後、必要に応じて事務所へ出向いての相談をすることもできます。有料メール相談後に、業務のご依頼をいただいたときには、お支払い済みの相談料を手続き費用に充当します。よって、先に有料メール相談を利用しても、余計に費用がかかることはありません

当事務所の有料メール相談を利用する意味

他の司法書士や弁護士の事務所では、無料相談を受け付けているところもありますから、そのような事務所を探して相談してみるのもよいでしょう。しかし、信頼できる専門家が責任を持って無料相談をおこなっている例がどれほどあるか疑問です。

当事務所では、2002年2月の事務所開業当初からインターネットホームページを開設し、10年以上の長期間にわたってインターネット経由でのお客様を中心に業務をおこなってきました。仕事が少ないから、無料相談も受け付けてみようなどという事務所とはわけが違います。

信頼できる司法書士をインターネットで探したいとお考えの方は、当事務所のホームページやブログをぜひご覧ください。その上で「他の事務所との違い」を感じていただけたら幸いです。有料メール相談について、くわしくは下記のページをご覧ください。

メール相談(高島司法書士事務所ウェブサイト)