松戸の高島司法書士事務所ウェブサイトのご相談・お問い合わせページに、ご相談いただける地域、出張相談などについてを追加しました。

実際には、これまでも必要に応じて、司法書士がお伺いしての出張相談も承っていたので、とくに何が変わったわけでもないのですが。それでも、出張相談が可能だと明記することで、体調などの問題で事務所へお越しになるのが難しい方が、少しでも相談しやすくなるのではないかと考えた次第です。

その他、松戸の高島司法書士事務所へのご相談にまつわる事柄につき補足いたします。

高島司法書士事務所へのご相談地域について

わざわざご相談地域と書かずとも、事務所までお越しくださるのであれば、日本全国どこにお住まいの方がご相談くださってももちろん問題ありません。また、司法書士が出張するのであっても、交通費等をご請求させていただけるのでしたら同様です。

しかしながら、司法書士の仕事は相談だけでは終わらないのが通常であり、法務局(登記所)、裁判所へ出向いたり、また、当事者の方と直接お会いすることが必要な場合もあります。よって、あまりに遠方にお住まいの方からのご相談だと、その後の業務の遂行に多大な労力と時間を費やすことにもなりかねないのも事実です。

不動産、会社・法人登記の場合

不動産登記、および会社・法人登記のいずれも、現在は登記申請書の郵送、またはオンラインによる登記申請が可能となっています。よって、現地の法務局に行く必要は原則としてありませんから、全国どこにある不動産、会社・法人の登記でもご依頼いただけますし、遠いからといって追加費用がかかることはありません。

ただし、登記の内容によって、当事者の方と直接お会いしてのご本人確認、および登記申請意思の確認が必要なことがあります。たとえば、不動産の売買、贈与、財産分与にあたっての登記義務者(不動産を手放すこととなる方)が本人確認等の対象となります。

この場合でも、ご本人確認の際には司法書士が出張することも可能ですし、また、その他の方法が採れることもありますから、「事務所に行くのが難しいから依頼できない」ことにはなりません。個々の事情に応じて最適な方法を検討しますので、詳しくはご相談ください。

裁判所手続の場合

裁判所手続であっても、司法書士に依頼するのは裁判所提出書類のみで、裁判所への提出および訴訟の進行はご自身で行うのであれば、手続きする裁判所の所在地はとくに関係ありません。高島司法書士事務所で作成した訴状を、沖縄の裁判所に提出しても何ら問題ないわけです。

ただ、裁判所への提出や、その後の裁判期日に司法書士の同行が必要な場合、また、司法書士に簡易裁判所での訴訟代理をご依頼いただく際は、複数回の裁判所への出頭が必要となりますので、お近くの司法書士に依頼した方が良いかも知れません。

ご相談地域についてのまとめ

高島司法書士事務所へご相談いただける地域について、分かりやすく解説しようと試みました。しかし、司法書士の業務は多岐に渡るものであり、かつ、同じような業務であっても個々のケースによって事情が異なることから、一律にまとめての解説は困難なようです。

よって、当事務所へのご依頼を検討されている場合、まずはお気軽にお問い合わせくださるようお願いします。もちろん、お問い合わせは全国どちらからいただいても構いません。

司法書士高島の行動範囲について

プロフィール等でもご案内してますが、私、司法書士高島は東京都豊島区内のJR山手線の駅近くに住んでおります。事務所がある松戸駅へは、山手線で日暮里駅まで行き、日暮里駅で常磐線に乗り換えて通っています。

よって、東京都内への出張は全く苦になりませんし、原則として出張料も不要ですから、ぜひお気軽にお問い合わせください。

また、お客様に松戸へお越しいただくとしても、常磐線なら日暮里駅から松戸駅は17分、北千住駅からなら9分です。さらに高島司法書士事務所は松戸駅から徒歩1分ですから、都内からでも楽にお越しいただけるかと思います。

ところで、余談ではありますが、なぜ都内に住んでいるのに、今でも松戸で開業しているのか?という疑問についてです。

私は、中学生のときに、流山市から松戸市に引っ越し、それ以来、30歳半ばで結婚し都内に住むようになるまで(会社の転勤で茨城県神栖市に住んだり、東京都足立区内で一人暮らししたこともありますが)、概ね松戸市に住んでおりました。

そのため、今でも最も馴染んでおり、地元だとの意識があるのは松戸ですし、現時点では松戸から事務所を移転する予定はありません。今後も街の司法書士として、松戸で頑張ってまいります。

「高島司法書士事務所へのご相談」の関連情報

債務整理・過払い請求のご相談について(相談可能地域・出張相談)
故郷の不動産相続登記もご依頼いただけます
オンライン登記申請による登録免許税の軽減について