法定相続人の確定に必要な戸籍謄本など

前回の記事では、法定相続人となるのは誰であるかについて解説しましたが、今回は、それを明らかにするために必要な戸籍等についてご説明します。

なお、ご家族の方であれば、下記のような手順を踏まなくても、誰が法定相続人となるかはお分かりになるでしょう。しかし、法務局で相続登記をしたり、銀行で預金の引き出しをするためには、戸籍等の公的書類により法定相続人を証明することが必要なのです。

1.配偶者の有無について

まず、被相続人が亡くなった時(相続が開始した時)に配偶者(夫、妻)がいれば、その配偶者は必ず相続人となります。配偶者の有無については、相続開始後に取得した被相続人の戸籍謄本により明らかにします。

2.子の有無について

子の有無については、被相続人が生まれた時までさかのぼる、全ての戸籍謄本(除籍謄本、改正原戸籍)を取得することによって明らかにします。

人は出生によって戸籍に記載された後、結婚、転籍、その他の様々な原因により、新たに戸籍を作ったり、別の戸籍に入ったりします。そのため、出生から死亡に至るまでの全ての戸籍謄本等は複数になるのが普通です。

その全ての戸籍謄本を取ることによって、前妻(前夫)との間に子がいる場合や、結婚していない相手との子(認知している場合に限る)がいる場合など、全ての子の存在が判明するのです。

被相続人に子がいることが判明すれば、それで法定相続人は確定です。

3.直系尊属について

子がいない場合、次順位の相続人である直系尊属が存命であるかを明らかにします。親等が異なる直系尊属がいる場合には、近い方が法定相続人となりますから、まずは父母が存命か?次に、祖父母はどうか?というように、近い親等から戸籍謄本等により確認していきます。

被相続人の直系尊属が存命であることが判明すれば、それで法定相続人は確定です。

4.兄弟姉妹について

存命の直系尊属がいない場合、兄弟姉妹の有無を明らかにします。そのためには、被相続人の父母の出生にさかのぼる戸籍謄本等の全てを取得する必要があります。

5.代襲相続について

相続人となるはずだった子(または兄弟姉妹)が、被相続人よりも先に死亡している場合、代襲相続が発生することがあります。たとえば、子の代襲相続人の有無を調べるには、子の子、子の孫がいるかを明らかにすることになります。

「法定相続人の確定に必要な戸籍謄本など」まとめ

被相続人に存命の子がいる場合、被相続人の出生にさかのぼる戸籍謄本等を取得すれば、相続人を確定させるのに必要な戸籍謄本等は全て揃うことになります(ただし、それを収集するだけでも、以前の本籍地が遠方にある場合、何度も転籍や戸籍の改製がされている場合などは、とても大変な作業になると思われます)。

さらに、直系尊属、兄弟姉妹が相続人になったり、代襲相続が発生する場合、相続人自身が必要な戸籍謄本等を全て収集し、それを読み解くのは至難の業でしょう。

司法書士に不動産相続登記をご依頼いただく場合、司法書士は必要な戸籍謄本等の全てをご依頼者の代わりに取得することが可能です。ご不明な点があれば、松戸の高島司法書士事務所へお気軽にご相談ください。

「法定相続人の確定に必要な戸籍謄本など」の関連情報

法定相続人の確定について (松戸の高島司法書士事務所)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームはこちらのページをご覧ください。

※ なお、お電話のみによる無料相談は承っておりません。

松戸駅1分の高島司法書士事務所

このページの先頭へ