子どもが相続放棄すると誰が相続人になるのか

相続放棄とは家庭裁判所でおこなう手続です。相続放棄をした人は、最初から相続人でなかったものとみなされるので、被相続人(亡くなられた人)の借金などの支払い義務を引き継がないで済みます。

複数いる子どもの一部が相続放棄した場合

被相続人(亡くなられた人)の子が相続放棄をしたとき、他にも子がいる場合には、その子のみが相続人となります。

たとえば、被相続人の子が3人いたとして、そのうちの2人が相続放棄したときには、残された1人がすべての遺産を相続することになります(被相続人に配偶者がいない場合)。

相続放棄した人の子が相続人となることはありません(相続放棄により代襲相続は生じないため)。また、相続放棄した人の相続権が次順位である父母や兄弟姉妹に移ることはありません。

子どもの全員が相続放棄すると、次の順位の人が相続人になります

被相続人の子の全員が相続放棄した場合、次の順位の人が相続人となります。まずは、被相続人の直系尊属(父母、祖父母)が存命であれば相続人となります。

このとき、父母が相続放棄したとして、祖父母が存命の場合には相続人となりますのでお気を付けください。直系尊属は親等に関係なくいつでも相続人となりますから、父母がいない(または、相続放棄した)場合には、祖父母が相続人となるわけです。

被相続人の兄弟姉妹が相続人となるケース

被相続人の兄弟姉妹が相続人となるのは、被相続人の子(または、その代襲者)および直系尊属が誰もいないか、またはその全員が相続放棄したときです。

また、兄弟姉妹が被相続人よりも先に亡くなっている場合、その兄弟姉妹に子がいれば相続人となります(代襲相続)。つまり、被相続人の甥(おい)、姪(めい)が相続人になってしまうわけです。

相続放棄しようとするときには、自分が放棄することにより、最終的に誰が相続人になるのかを知っておくべきです。自分たちが相続放棄したことで、思いもかけず多くの親族が相続人となってしまったとのご相談もよくあります。

兄弟姉妹が相続放棄できる期間

相続放棄できるのは自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内です。自己のために相続の開始があったことを知った時とは、「相続開始の原因である事実」、および「自分が法律上の相続人となった事実」を知った時です。

相続開始の原因である事実とは、被相続人の死亡の事実です。また、自分が法律上の相続人となった事実とは、先順位の相続人がいるときには、その全員が相続放棄をした事実です。よって、先順位者が相続放棄をした事実を知らなければ、相続放棄できる期間の3ヶ月間はスタートしません。

そのため、被相続人の兄弟姉妹(または、その代襲者)と疎遠になっているような場合に、無理して連絡を取ってまで自分たちが相続放棄することを伝える必要はないとも考えられます。被相続人に対する債権者からの督促があったことなどで、はじめて自分たちが相続人になったことを知ったのであれば、その時から3か月以内であれば相続放棄することができるからです。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームはこちらのページをご覧ください。

※ なお、お電話のみによる無料相談は承っておりません。

松戸駅1分の高島司法書士事務所

このページの先頭へ