松戸の司法書士高島一寛です。今日はお休みなので、久しぶりに業務とは関係の無いお話です。

事務所で使用しているパソコン用のキーボードを買い換えました。これまで、logitecの無線接続のを使っていたのですが、どうにもキータッチの感触が気に入らなかったのです。

仕事ではひたすらパソコンに向かっていることが多いので、快適に文字入力が出来ることは非常に重要です。デスクトップパソコンであっても、付属のキーボードを使い続けている方も多いでしょうが、単体で売っているキーボードは付属品とは全く使用感が異なります。

今回購入したのは、ダイヤテック株式会社のFILCO Majestouch 2 赤軸・フルサイズ・かなありです。メカニカルキーボードといわれるタイプのもので、キーボードのみで1万円以上もします。

さすがに高価格なだけあって、非常にこだわりが感じられる製品です。大きな特徴として、メカニカルキーボードでは各キーの下にスイッチがあるのですが、このスイッチを黒軸、赤軸、青軸、茶軸の4種類から選べるのです(しかも、スイッチはドイツ製)。

キーの下にあるわけですから、もちろん外から色は見えません。したがって、色の好みで選ぶわけでは無く、打鍵感がそれぞれ異なるのです。

赤軸についての同社ホームページの解説では「途中クリック感が全くないリニアストロークタイプのスイッチです。バネ圧が約45g程度と軽い為、スムーズで流れるようなキー入力が可能です」とのこと。

FILCO Majestouch2 91赤軸 91キー日本語配列 USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独CherryMX赤軸スイッチ メカニカルキーボード ブラック FKBN91MRL/JB2

「FILCO Majestouch2 赤軸」の使用感

何ともマニアックな感じですが、実際に入力してみると確かに違います。私が選択した赤軸は、もっとも軽く入力できるタイプです。

また、比較的音が静かだということも赤軸を選んだ理由です。メカニカルキーボードはスイッチを押すことで入力しますから、どうしても音が大きいのです。ただし、実際に事務所で使用してみると、やはりガチャガチャとした音が鳴り響きます。静かなオフィスで使用する場合には要注意だと思われます。

使い始めてまだ数日ですが、カシャカシャと軽く吸い込まれていくようなタッチがとにかく素晴らしいです。思い描いていた理想のキータッチそのものといっても過言ではありません。

ただ、赤軸では最後まで押し込まずとも入力される仕様のせいで、打つときに隣のキーに指がかかってしまうだけで誤入力されてしまうようです。もっとも、これは単に私のタッチが正確で無いのが原因であり、慣れていけば解消されるはずですが。

ちなみに、この記事は購入したFILCOのメカニカルキーボードでは無く、PanasonicのノートPCであるLet’s Note(モデルはCF-SX1)で書いています。メカニカルキーボードとはタッチが違いますが、レッツノートのキーボードも素晴らしいと思っています。

昔の作家が筆記用具にこだわったように、キーボードの違いにもぜひ目を向けていただきたいと思います。きっと、仕事の効率も大きく変わってくることでしょう。