今回の投稿も、司法書士業務と関係の無い話題です。

最近、ギャラクシー・ノート(Galaxy Note)とのキーワード検索により、このブログへお越しいただいている方が多くいらっしゃいます。せっかくご覧いただいたのにスマホとは関係の無い司法書士ブログで、たいしたレビューも書けておらず申し訳ありませんので、少しだけ追記します。

良くも悪くもGalaxy Noteを決定的に特徴付けているのがサイズの大きさですが、1週間と少し使用した印象では、欠点よりも画面が大きいことによる利点の方を強く感じています。

これまではスマホの代用品としてiPod touchを使っていました。Wi-Fiでネット接続ができるので、Twitterの閲覧などに便利だったのです。ところが、久しぶりにiPod touchの画面を見たらあまりの小ささに唖然としました。

iPhoneも画面サイズは同じなわけですから、現時点で、どちらを選択するかと聞かれたら、絶対にGalaxy Noteにします。それほど、画面サイズの違いは決定的です。画面サイズの大きさを売りにするSumsungの戦略は、きっと功を奏するだろうと実感しています。

一方、大きすぎて片手での操作が難しいとの印象はやはり変わらぬままなのですが、キーパッドを片手用に設定することで文字入力はだいぶし易くなりました。画像は左手入力用にした状態です。右隅にある矢印を押せば、すぐに右手入力用に切り替わります。

それにしても、画面の対角まで指が届かないことには変わりありませんが、慣れてくると大きさをマイナスに感じることは減ってきました。きっと、このサイズなりの使い方へ自然と適応してきたのでしょう。

さらに、ストラップが付けられるカバーを購入し、操作するときは必ずストラップに手を通すようにしました。これにより、落下を防ぐだけで無く、片手で操作するときの安定感が格段に増したと思います。

もっと頑丈なストラップの取り付け方法があれば、いっそ首からかけてしまいたいとも思うのですが、現在使っているものではストラップを持って本体をぶら下げることにも躊躇を感じます。ストラップについては、今後の課題です。

ここまで、すっかりGalaxy Noteのサイズについての記述に終始してしまいました。私は、いわゆるスマホ(スマートフォン)を使うのははじめてなので他機種との比較はできません。通話をするなら、これまで使っていたフィーチャー・フォン(ドコモ P905i)の方が便利ですし、メールもテンキーで打つ方が(今のところ)早いですし。

それでも、ネット利用に関しては、圧倒的にスマホが有利であり、また、アプリを使ってラジオを聴いたり、テザリングにより外出先でネット接続したりと非常に便利に使っております。現時点での感想としては大満足であり、購入してとても良かったと感じています。

さて、もう少し使い込んでから、再びGalaxy Noteについての投稿もするかもしれませんが、本業である司法書士ブログもどうぞよろしくお願いします。