2012年4月20日付け日本経済新聞に「合同会社の設立3割増 立ち上げ・維持安価に」との記事がありました。以下引用です。

 株式会社よりも柔軟に組織運営ができる合同会社(LLC)の設立が、前年比約3割のペースで増加を続けている。大手では石油精製の極東石油工業が5月21日付で株式会社から移行。トヨタ自動車など9社は電気自動車向け急速充電サービスを提供するLLCを昨年12月に設立した。上場できないため資金調達の道は限られるが、設立や維持のコストが安いことも評価されており、2012年は1万件を超えるとの見方も出ている。(引用ここまで)

合同会社の導入は会社法施行時に話題になったものの、蓋を開けてみると当司法書士事務所へのご相談もそれほど多くありませんでした。しかし、合同会社の数は着実に増えていたようです。下表は法務省の統計による、株式会社及び合同会社の設立登記の推移です。

株式会社及び合同会社の設立登記の推移
会社の種類 2008年 2009年 2010年
株式会社 99,777件 89,521件 89,304件
合同会社 5,503件 5,884件 7,269件

記事によれば2011年の設立件数は約9,200件です。2010年は7,269件でしたから3割とはいかないまでも大幅な増加です。2012年は1万件を超えるとの見方も出ているとのことですから、平成20年、21年は5,000件台だったのと比べると倍増です。

上記法務省統計をご覧いただければ分かるとおり、株式会社の設立件数とは大幅な開きがあります。しかし、合同会社の数が徐々に増え社会的に認知されていくことにより、さらに加速的に合同会社の設立件数が増えていくのかもしれません。

千葉県松戸市の高島司法書士事務所の合同会社設立登記のページでも設立手続き等について解説していますが、ご不明ことがあればお気軽にお問い合わせください。