松戸の高島司法書士事務所ウェブサイトは公開から10年以上が経過しています。何度か大幅なデザイン変更をおこなってはいますが、基本的な構成については公開当初のままです。

いちど作成した原稿は、定期的に見直しをすることでいつまでも有用性を保つことができます。それが随時更新をおこなえるウェブサイトの大きな利点です。

ただ、基本は同じとはいえページ数も大幅に増大していますから、いかにして見やすさを保つかは永遠の課題です。どんなに巨大なウェブサイトであっても、トップページは一つだからです。

当事務所ウェブサイトは、現時点でブログ記事を除いても200ページ以上あります。エントランスは一つなのに、その中には200以上の部屋があるようなイメージでしょうか。

ご来訪者が目的の場所にたどり着けるよう、いかに上手にご案内するかが重要です。ウェブサイトの場合には、一瞬で立ち去ることができますから、目的の場所が分かりづらければすぐに別のサイトに移ってしまいます。

前置きが長くなりましたが、サービス案内のページを新たに作りました。これまでは、トップページに多くの業務内容を掲示していたのですが、数が多くなりすぎて視認性に問題があると考えたからです。

ウェブサイト中にあるページを一覧で確認するためには、サイトマップがあります。しかし、サイトマップにもすべてのページを載せるようにはしていません。

たとえば、相続登記のよくある質問のページは掲載していても、質問と答えの各ページはサイトマップにはありません。

サイトをご覧になる方がどこを訪問されるかは分かりません。そこで、トップページでのご案内、サイトマップに加え、サービス案内のページを作成することにしました。

しかしながら、現状がベストだとは考えていません。これからも、わかりやすいウェブサイトを作りを心がけ努力してまいります。今後とも、松戸の高島司法書士事務所をよろしくお願いします。