こんにちは、司法書士の高島です。3日も続けて休むのは落ち着かないのでパソコンに向かっております。そもそも、いくら休みがあったとしても、ひたすら昼はジムに通い、夜はお酒を飲む日々なのですけど。

さて、今回は備忘録的な投稿ですが、パソコンのメーラー(メールソフト)のお話しです。私が主に使っているメーラーはThunderbirdです。フリー(無料)のソフトながら使い勝手が良いので愛用してきました。

しかし、いつの日からか徐々に動作が重くなってきて、今ではメールの件名をクリックしても、そのメールがなかなか表示されないほどに(ちなみに、現在のバージョンはThunderbird6.02で、OSはWindowsXPです)

そこで、情報を検索してみると「gfx.direct2d.disabled」の設定を変えると改善する場合があるとのこと。設定方法は次のとおりです。

1.「ツール」メニューから「オプション」を選択し、「詳細」-「高度な設定」の「設定エディタ」ボタンを押下

Thunderbird オプション画面

2.次のような画面が表示されますが、「最新の注意を払って使用する」をクリックする。

※この時点で、動作保証対象外になるとのことなので、あくまでも自己責任でお願いします。

Thunderbird「動作保証対象外になります」

3.「about:config」のウィンドウが開くので、設定名「gfx.direct2d.disabled」を右クリックし、「値を変更する」をクリックします。すると、値が「true」になることを確認します。

Thunderbird「about:config」画面

4.「about:config」ウィンドウを「×」ボタンで閉じ、「オプション」ウィンドウを「OK」ボタンで閉じてから、Thunderbirdを再起動します。

まだ設定変更したばかりですが、現時点では動作が軽快になった気がします。ただし、私自身もこの設定の意味を理解してるわけではありませんし、変更を推奨するものではありません。あくまでも自己責任でお願いします。

ただ、Thunderbirdでは、バージョン5.0あたりから動作が遅いとの記述をネット上で多数見つけたので、苦労している方は多いのでしょう。また、新しい情報があればお知らせしたいと思います。