過払い金返還請求(千葉県松戸市・柏市)

司法書士高島一寛消費者金融やクレジットカードのキャッシング、カードローンなどによる高金利の借金を長期間続けていた場合、過払い金が発生していることがあります。

過払い金の返還請求をすることで、払い過ぎた利息の返還を受けることができます。この過払い請求は、返済をしている途中でも、借金を完済(解約)した後でもすることが可能です。

過払い金の返還請求は、法律によって認められた正当な権利です。債務整理ではありませんから、個人の信用情報にも傷が付かない(ブラックにならない)のが原則です。

認定司法書士である高島司法書士事務所は、2002年2月に千葉県松戸市で事務所を開業した当初から10年以上の長年にわたって多重債務の問題に取り組んでおり、「過払い請求」についても豊富な経験と実績があります

過払い金返還請求のご相談はいつでも無料で承っています。まずは、事前にご予約のうえご相談にお越しください。

1.過払い金返還請求とは

過払い金返還請求とは、法律で定められた上限金利を超える利息を払っていた場合に、その払い過ぎた利息の返還を請求することです。

法律(利息制限法)により定められた法定金利は年18%です(借入元本10万円以上100万円未満の場合。100万円以上ならば年15%)。この法定金利を超える高金利での借金をしていたときは、利息を払い過ぎていたことになります(利息の過払い)。

この場合、最初に借入れをしたときにさかのぼって、全ての取引履歴を法定金利により再計算します。このとき、過払い分の利息が元本の返済に充てられるので借入債務の元本が減少し、ときにはマイナスになることもあります。

借入元本がマイナスになっているとは、つまり、過払い金が発生しているということはです。この過払い金を返還するよう相手方に請求をするのが、過払い金返還請求(過払い請求)です。

2.完済後の過払い金返還請求

過払い金返還請求は、消費者金融、クレジット会社への返済をしている最中だけで無く、借金を完済し解約している場合でもすることができます。

カードや契約書類などを全て処分していても、どこから借り入れをしていたかさえ分かれば過払い金の返還請求は可能です。

法定金利を超える高金利での借金をしていて、すでに完済しているのであれば、金額の多い少ないは別として必ず過払い金が発生していることになります。

ただし、完済して、取引が終了(解約)してから10年が経過すると、時効により過払い金返還請求権が消滅してしまうことがあります。

完済してから長期間が経っている場合は、とくにお早めにご相談ください。司法書士から通知(取引履歴開示請求書)を送ることにより、消滅時効の完成を阻止できるかもしれません。

なお、完済後の過払い金返還請求をしても、信用情報に登録される(ブラックリストに載る)ことはありませんから、手続をすることのデメリットは何もありません。ご自身のケースでは過払い金があるかご不明な場合も、お気軽にお問い合わせください。

3.お問い合わせ・ご相談予約について

お問い合わせ過払い(過払い金返還請求)のことで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

費用はどれくらいかかるのか? 過払い金はいつ戻ってくるのか? 自分の場合も過払い請求できるのか? など、どんなことでも結構です。過払い請求のご相談はいつでも無料で承っております。

松戸市の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

「過払い請求」の関連情報

司法書士に過払い金の返還請求について相談をする際に事前の準備は不用です。けれども、過払い請求についてもう少し自分で調べてみたい方は、松戸の高島司法書士事務所による「債務整理・過払い金請求の情報」のホームページをご覧ください。

債務整理・過払い金請求の情報

このページの先頭へ