株式会社設立の定款認証費用(電子定款)

司法書士へ株式会社の設立登記をご依頼いただいた場合、司法書士が発起人代理人として公証役場での定款認証手続きを行います。株式会社設立のための定款認証の費用内訳は次の通りです(電子認証の場合)。

定款認証費用の内訳

A4サイズで7ページの定款についての電子認証をし、定款謄本1通の交付を受ける場合の、公証役場に支払う費用は次の通りです。

なお、電子認証では、紙に出力された定款原本が存在しないため、紙の定款原本に貼るべき4万円の収入印紙が不要です。

定款認証費用内訳(電子定款)
種別 金額
電磁的記録の認証 50,000円 1件
電磁的記録の保存 300円 1件
同一の情報の提供 700円 1件
書面の交付による加算額 140円 7枚
合計 51,140円 -

定款謄本とは、電子データである定款原本を紙に出力し、公証人による認証文が付されているものです。金融機関などから定款の提出を求められた場合、この定款謄本を使います。

なお、定款原本はデータとしてしか存在しないので、それを自分で印刷したとしても認証文が無いため、公的書類としては認められません。

もしも、定款謄本が2通必要な場合は、同一情報の提供が2件1,400円、書面の交付による加算額が7枚280円なので、定款認証費用の合計は51,980円となりますが、定款謄本は1通あれば足りると思われます。

株式会社設立の関連情報

株式会社設立登記
株式会社設立時の決定事項
会社設立登記後に必要な届出手続きなど

このページの先頭へ