遺言書の有無が不明なとき(公正証書遺言の検索・謄本請求)

公正証書遺言の場合

(1) 遺言書の検索

平成元年以降に作成された公正証書遺言については、遺言書検索システムに登録されているので、全国どこの公証役場で作成したものであっても検索することができます。ただし、検索により分かるのは、遺言書の有無と、遺言書が保管されている公証役場のみです。

(2) 遺言書の謄本請求

公正証書遺言の場合、遺言書の原本が公証役場で保管されています。そのため、遺言書を作成した後からでも、謄本(写し)の発行を請求することができます。なお、検索は全国どこの公証役場でもできますが、謄本請求ができるのは遺言書を作成した公証役場のみです。

(3) 遺言書の検索、謄本請求ができる人

遺言者の生存中に、公証役場へ遺言書検索の請求ができるのは遺言者本人のみです(相続人による請求は不可)。相続人による、公正証書遺言の検索、謄本請求ができるのは、遺言者の死亡後に限られます。

(4) 必要書類

公証役場によって必要書類が異なる場合がありますから、事前に確認することをおすすめします。

1.遺言者の死亡の事実が分かる書類

被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本、または死亡診断書のコピー

2.請求者が相続人であることが分かる書類

戸籍謄本(被相続人の戸籍謄本に、請求者の名前が載っている場合は不要)

3.請求人の身分を証明するもの

印鑑登録証明書(3か月以内)と実印、または運転免許証と認印、もしくは住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印

遺言書作成の関連情報

遺言書の基本

遺言書の種類と選び方のポイントや、その他、遺言書の基本についてわかりやすく解説しています。

遺言書の書き方(自筆証書遺言)

自筆証書遺言は自分1人でも作成できますが、法律に定められた形式によって作成しなければ、有効な遺言書となりません。

公正証書遺言の作成

公正証書遺言の作成も司法書士にご相談ください。公証人との打ち合わせ、立会証人の用意も司法書士におまかせいただけます。

遺言書の条項例(文例、記載例)

自らの思いを確実に実現させるためには、遺言書にどのような記載をするのが良いのか、基本的な条項例(文例、記載例)について解説します。

このページの先頭へ