スマホ対応の新サイトはこちら → 高島司法書士事務所 | 相続登記の相談室

相続登記(松戸の高島司法書士事務所)

相続財産のなかに不動産がある場合の遺産相続手続きは、司法書士にご相談ください。松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所は、相続登記(不動産の名義変更手続き)の専門家です

高島司法書士事務所に相続登記をご依頼くだされば、戸籍(除籍、原戸籍)謄本などの収集、遺産分割協議書の作成、さらには相続人間の調整などもおまかせいただけます。

また、司法書士は相続、遺贈や贈与などの不動産登記だけでなく、裁判所提出書類作成の専門家でもありますから、必要に応じて遺言書の検認、遺産分割協議のための特別代理人選任、相続放棄など、家庭裁判所での手続きもお引き受けできます(相続手続きのページはこちら)。

相続登記のご相談は、松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所は、2002年2月に千葉県松戸市で開業して以来、相続登記(不動産の名義変更手続き)をはじめとした、遺産相続に関する業務を数多く取扱い、豊富な経験と実績を有しています。

相続登記や、その他の遺産相続手続きのことなら、松戸の高島司法書士事務所へお気軽にお問い合わせください。『相続登記の費用が知りたい』『相続登記の必要書類が知りたい』など、どんなことでも結構です。

お問い合わせは今すぐフリーダイヤル 0120-022-918 または、メールでどうぞ。ご相談、お見積もりはいつでも無料で承っています。

不動産の名義変更について分かりやすくまとめた、わかりやすい相続登記のページもぜひご覧ください。


不動産相続登記 目次

  1. 相続登記とは
  2. 相続登記の必要書類(遺言書の有無に応じての解説)
  3. 手続の流れ
  4. 費用(司法書士費用、実費の解説)
  5. 相続手続の相談は誰にするべきなのか
  6. お問い合わせ・ご相談予約について
  7. 相続登記のよくある質問

不動産の相続登記(名義変更)をお考えの場合、すぐに松戸の高島司法書士事務所にご相談くだされば、必要書類や手続きの流れについて、司法書士が一からご説明します。

したがって、とくに事前準備は不要なのですが、まずはご自分で調べてみたいとお考えの方は、このページをお読みになれば、相続登記の手続きがお分かりになるかと思います。

1.相続登記(相続による名義変更)とは

不動産(土地、建物、マンションなど)を所有している方が亡くなられた際、その名義を相続人へ変更するためにおこなうのが相続登記です。一般には、相続登記よりも名義変更と言われることも多いです。

相続登記は不動産の所在地にある法務局(登記所)で手続きしますが、専門的な知識が必要なため、登記の専門家である司法書士に依頼するのが通常です。

1-1.不動産の名義は誰のものに変更すべきか?

相続人が1名のみであれば、その方の名義に変更します。相続人が2名以上いるときには、相続人全員の共有名義で登記することも可能ですが、相続人のうちの誰かの名義に変更するのが通常です。

遺言書がある場合には、遺言により指定された方の名義に変更するのが原則です。遺言書が無いときは、相続人全員の話し合いにより、誰がその不動産を引き継ぐのかを決定します(これを遺産分割協議といいます)。

1-2.相続登記手続きをすべき期限は?

不動産相続登記をすべき法定の期限はありません。しかし、相続が開始してから長い時間が経てば、遺産分割協議の成立が困難になったり、登記に必要な書類が入手不能になったりと、様々な不都合が生じることがあります。そこで、相続登記はお早めに手続きすることをお勧めします。

目次に戻る

2.相続登記に必要な書類

相続登記をするには、被相続人ついての戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)、除住民票などをはじめ数多くの書類が必要になります。まずは、ご相談にお越しいただければ、必要な書類や手続きについて司法書士がすべてご説明いたしますので、事前のご準備はとくに不要です。

それでも、手続をスムーズに進めるため、さきに書類をご用意される場合には下記のページをご覧ください。遺言書があるかどうかにより必要な戸籍が異なりますので、該当する方をお選びください。

相続登記に必要な書類 (下記をクリックすると新しいページが開きます)

遺言書がない場合(遺産分割協議、法定相続)

遺言書がある場合

目次に戻る

3.相続登記手続の流れ(遺産分割による場合)

司法書士に相続登記をご依頼くだされば、大変手間のかかる戸籍謄本などの収集を含め、ほとんどの手続きを司法書士にお任せいただくことができます。

とくに事前準備などをすることなく、司法書士にご相談、ご依頼くだされば何も問題はないのですが、ご参考までに相続登記手続きの流れをご説明いたします。

なお、遺言書がある場合は、手続きの流れ(遺言書がある場合)をご覧ください。

3-1.面談によるご相談

最初は、なにも書類などをお持ちいただかなくとも差し支えありませんが、不動産の固定資産評価証明書(または、固定資産税の納税通知書)をお持ちくだされば、すぐに登記費用のお見積ができます。

当事務所へ依頼されるかは、お見積もりをご覧いただいてから決めていただいて結構です。もちろん、ご相談・お見積もりだけでしたら費用はかかりません。

3-2.相続登記に必要な書類の収集

相続登記をするのに必要な、戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)、住民票(戸籍附票)などを収集します。印鑑証明書以外の書類については、司法書士が全て代わりにお取りすることもできます。

3-3.遺産分割協議書、委任状への署名押印

司法書士が作成した遺産分割協議書、登記申請委任状などへ相続人の皆さまの署名押印をいただきます。司法書士から、各相続人に書類を郵送することも可能ですから、何度も事務所にお越しいただく必要はありません。

3-4.法務局での登記申請手続

司法書士が代理人として法務局での登記申請をします。すべて代理人である司法書士が手続きをおこないますので、ご依頼者に法務局へ出向いていいただくことはありません。法務局へ登記申請書を提出をしてから、登記が完了するまでには1,2週間程度かかります。

3-5.登記済書類の交付

法務局から交付された、登記識別情報通知、登記完了証、登記事項証明書(登記簿謄本)などをお渡しします。また、お預かりしていた戸籍謄本、住民票、遺産分割協議書、印鑑証明書なども、相続関係証明書として一綴りにしてお返しいたします。


目次に戻る

4.相続登記の費用

相続登記にかかる費用には、登録免許税などの実費と、司法書士報酬があります。

実費としては、登記をするための登録免許税(不動産の固定資産評価額の0.4%)のほかに、登記事項証明書(登記簿謄本)、固定資産評価証明書などの取得費用がかかります。

司法書士報酬については、個々の司法書士が決定していますので、依頼する事務所により異なります。まずは見積もりをして貰ってから、依頼されるかを検討するのが良いと思われます。

髙島司法書士事務所に相続登記をご依頼いただいた場合の司法書士報酬については、次の不動産登記の費用のページをご覧ください。

司法書士報酬(費用)についてのご注意

相続登記(不動産の名義変更)について、インターネットのホームページなどで非常に安い価格表示をしている例が見受けられます。そのような場合、他の名目で費用が加算されることが無いのか、依頼する前に実費および司法書士費用の総額がいくらになるのかを良く確認することをお勧めします。

高島司法書士事務所では、極端に安い価格表示のみを売りにして集客を図るような広告宣伝はいたしません。誠実かつ正直であることを第一に考え、10年以上の長きに渡り、ホームページをご覧になったお客様からのご依頼を中心に業務をおこなってまいりました。登記費用について心配な点、ご不明な点があれば何なりと司法書士の高島にお尋ねください。

目次に戻る

5.遺産相続、相続登記のご相談は司法書士へ

不動産登記の専門家は国家資格者である司法書士です。法律上は、司法書士のほかに弁護士も登記業務をすることが可能ですが、現実に不動産登記のみの依頼を受け付けている弁護士は皆無でしょう。

もしも、弁護士へ相続手続全般の依頼をした場合であっても、相続登記については司法書士が担当するのが通常だと思われます。

したがって、相続財産の中に不動産がある場合、必ず必要になるのが司法書士だといえます

相続手続において、その他の専門家が必要になるケースとしては、相続税の申告を税理士に依頼する場合や、相続財産を巡っての紛争解決を弁護士に依頼するような場合が挙げられます。

そのような場合であっても、必要に応じて信頼できる専門家(税理士、弁護士)をご紹介することが可能です。相続登記だけに限らず、遺産相続のことなら、まずは司法書士にご相談ください。

目次に戻る

6.お問い合わせ・ご相談予約について

お問い合わせ相続登記(不動産の名義変更)のことで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽に、松戸の高島司法書士事務所へご連絡ください。

費用のこと、必要書類のこと、手続きにかかる期間のこと、どんなことでも結構です。何を聞いたら良いか分からなければ、「不動産の名義変更がしたい」とだけ伝えてくだされば大丈夫です。相続登記のご相談はいつでも無料で承っております。

松戸の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

7.相続登記のよくある質問

「相続登記」の関連情報
遺産相続に関する個別具体的なケースごとの質問と回答です。多数の質問について回答していますので、お探しのケースが見つかるかもしれません。

このページの先頭へ