遺産相続を巡るトラブルを防ぐための対策

生前に適切な対策をおこなうことにより、遺産相続を巡るトラブルの多くは未然に防ぐことができるでしょう。このページでは遺産相続を巡って問題が生じやすいと予想されるケースと、事前にとれる対策について解説していきます。

ただし、わかりやすく解説するために、厳密にいえば正しくない記載や、例外が存在することもあります。実際に相続対策を行う際には、事前に専門家に相談することをお勧めします。

トラブルが起きやすいケースとその対策

  • 1.婚外子(非嫡出子)がいる場合

    婚姻関係に無い男女の間に生まれた子を非嫡出子といいます。非嫡出子であっても、父が認知すれば、その父の法定相続人となります。

  • 2.前妻(前夫)との間に子がいる場合

    前妻との子であっても、法定相続人であるのは当然です。相続人による遺産分割協議の円満な成立が困難だと予想される場合、公正証書遺言を作成しておくのが有効です。

  • 3.夫婦が内縁関係(事実婚)である場合の相続対策

    内縁(事実婚)の妻は法定相続人にはなりません。法定相続人ではない方に遺産を引き継ぐためには遺言書の作成が必須です。

  • 4.子連れ同士の再婚の場合

    子連れ同士の再婚の場合、互いの連れ子と養子縁組しておかないと、遺産相続の際に不公平が生じることがあります。

  • 5.子供がいない夫婦の場合

    子供がいない夫婦の一方が亡くなった場合、被相続人の直系尊属、兄弟姉妹(または、その代襲者)が、配偶者とともに相続人となります。

「遺産相続トラブルへの対策」の関連情報

遺産相続・遺言のご相談は高島司法書士事務所へ

お問い合わせ遺産相続や、遺言に関する手続きのことで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

司法書士に聞くべきかわからないご質問でも、ご遠慮なくお電話ください。業務範囲外のご相談であれば、適切な専門家をご紹介します。

松戸市の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

※事務所にお越しいただいての、遺産相続に関する手続きのご相談は、原則として無料です。ただし、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

このページの先頭へ