新サイトに移行しています子連れでの再婚の場合

子連れ同士の再婚の場合

子連れ同士の再婚の場合、夫婦ともに互いの連れ子と養子縁組しておかないと、遺産相続の際に不公平が生じることがあります。

連れ子の相続権左図のケースで、父母が再婚してから間もなく、父が亡くなったとします。この場合、子A,Bともに、親の再婚相手と養子縁組をしていなかったとすれば、子Bが、父(継父)の相続人とならないのは当然です。

したがって、子Aと母が2分の1ずつの相続権を持つわけでが、その後、母が亡くなったときには、子Bが単独で相続人となります。つまり、期間を空けずに父母が亡くなったとすれば、子Aは父の財産の2分の1のみを遺産相続するのに対し、子Bは継父の財産の2分の1と、実母の財産の全てを相続できるのと同じような結果になります。

もちろん、父母の亡くなる順序が反対であれば、子Aの相続する遺産が圧倒的に多くなるということもあり得ますが、いずれにせよ不満の残る相続となる可能性が高いでしょう。

父母が結婚(再婚)するときに、互いの連れ子と養子縁組をしておけば、子A、子Bが父母の遺産に対して持つ権利は同じになります。相続において、実子と養子の相続分は同等だからです。

本件のようなケースで、父と継母の子のみが養子縁組をしていることもあるようです。この場合、父が亡くなったときには母と子ABの3人が相続人になるのに、母が亡くなったときには子Bのみが単独相続人となってしまいますから、さらに不公平な結果となります。

やはり、子連れ同士の男女が結婚する場合には、互いの子と養子縁組をしておくのが間違いないといえるでしょう。


関連情報

遺産相続・遺言のご相談は高島司法書士事務所へ

お問い合わせ遺産相続や、遺言に関する手続きのことで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

司法書士に聞くべきかわからないご質問でも、ご遠慮なくお電話ください。業務範囲外のご相談であれば、適切な専門家をご紹介します。

松戸市の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

※事務所にお越しいただいての、遺産相続に関する手続きのご相談は、原則として無料です。ただし、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

このページの先頭へ