「2013年9月」の記事一覧

死亡保険金の受領は特別受益にあたる?

保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条(特別受益者の相続分)の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には、同条の類推適用により、当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となると解するのが相当である。

婚外子差別は違憲(何が問題か)

平成13年7月1に以降に開始した相続で、遺産分割が未了のものについては、婚外子の相続分と嫡出子の相続分が同じであることが前提となるでしょう。

婚外子差別がどうして許されたのか

本決定の違憲判断は、平成13年7月から本決定までの間に開始された他の相続につき、本件規定を前提としてされた遺産の分割の審判その他の裁判、遺産の分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼすものではないとしています。

内縁の配偶者は相続人になる?

何の対策もおこなわないうちに相続が開始してしまったとしたら、内縁の妻には財産を引き継ぐ権利が全くありません。一緒に暮らしていた家が内縁の夫の所有であったとしたら、法定相続人に対してただちに明け渡さなくてはならないこともあります。

代襲相続

相続に関する文章などを読んでいると、時々、代襲相続(だいしゅうそうぞく)という言葉が出てきます。 代襲相続とは・・・

相続放棄、限定承認という選択肢

相続が開始されると、相続人は相続財産を承継することになります。この時、プラスの財産が沢山あれば嬉しいでしょうが・・・

相続の開始要件

相続はどのような時に始まるのでしょうか。 旧民法では、被相続人が生きていても、隠居して相続を開始させることがで・・・

遺言相続と法定相続

相続と聞くとどんな風に行われるイメージがありますか? 被相続人の財産を、相続人が相続で受け取る方法には2つある・・・

配偶者の権利と遺留分

配偶者には必ず相続権が認められ、もらえる割合も多くなっています。また、一定の相続人には、被相続人の意思に反してでも相続分が認められる遺留分(いりゅうぶん)が認められています。ではなぜ、このような権利が認められるのでしょうか。

ペットに相続させる遺言はできる?

遺贈をするにあたって、法律上の一定の義務を受遺者へ負わせることができます。一般には、特定の誰かを世話することを負担の内容とすることが多いですが、ペットの飼育を負担させることも可能です。

胎児と相続

推定相続人の廃除が認められるのは、被相続人に対する虐待、もしくは重大な侮辱を加えたとき、またはその他の著しい非行があったときです。推定相続人の廃除が認められたとすれば、遺留分の権利すら失われるという強力な効果を持つものですから、排除事由に該当するかの判断は慎重におこなわれます。

サブコンテンツ

高島司法書士事務所

高島司法書士事務所へのご相談は、お電話(フリーダイヤル 0120-022-918 )でご予約いただくか、ご相談予約・お問い合わせのページをご覧くださいますようお願いいたします。

また、当事務所についての詳しい情報は、下記リンク先の高島司法書士事務所ウェブサイトをご覧ください。

高島司法書士事務所

アーカイブ

カテゴリー

このページの先頭へ