「2013年12月」の記事一覧

無権代理人が本人を共同相続

kataguruma

相続人は、死亡した被相続人の財産上の権利義務を承継します。相続人が複数いるときには、財産はそれぞれ分割すること・・・

本人が無権代理人を相続した場合

sign

「連帯保証人になっても良いよ。」と何らかの承諾をしていた場合、代理権を与えていたとみなされ保証契約は成立するで・・・

死亡退職金の相続性

hummer

相続人は、死亡した被相続人の財産を承継します。複数の相続人がいる場合、最終的には財産を分割しそれぞれの持分を相・・・

保険金請求権の相続性

calc

相続の方法に、限定承認という方法があるのをご存知でしょうか。相続人は死亡した被相続人の権利義務を承継するので、・・・

慰謝料請求権の相続性

sunflower

相続により、相続人は被相続人の一切の権利義務を承継するのですが、被相続人の一身に専属したものについては承継され・・・

相続財産の範囲

leaf

「相続人は、被相続人の一切の権利義務を承継する」と民法には書かれています。具体的に考えると、相続人が家や土地、・・・

遺産分割前に権利を取得した第三者はどうなるか

house-green

相続が開始しても、実際に遺産分割されるまでには時間がかかります。しかし、「どの財産が誰に相続されたのか、長い時・・・

相続財産はいつ相続人のものになるのか

被相続人が死亡することにより、相続が開始されます。相続人が一人の場合は問題ありませんが、複数の相続人がいる場合・・・

遺産分割の方法

「遺産分割」という言葉は知っていても、実際にどんなふうに分割方法を決めているか知っていますか?他の人の体験談を・・・

一人息子なら土地を処分できる?(遺産の共有関係)

A男は、父親B、母親Cの一人息子です。父Bと母親Cはとても仲が良く、おしどり夫婦として知られていました。やがて・・・

サブコンテンツ

高島司法書士事務所

高島司法書士事務所へのご相談は、お電話(フリーダイヤル 0120-022-918 )でご予約いただくか、ご相談予約・お問い合わせのページをご覧くださいますようお願いいたします。

また、当事務所についての詳しい情報は、下記リンク先の高島司法書士事務所ウェブサイトをご覧ください。

高島司法書士事務所

アーカイブ

カテゴリー

このページの先頭へ