「コラム」の記事一覧

無権代理人が本人を共同相続

kataguruma

相続人は、死亡した被相続人の財産上の権利義務を承継します。相続人が複数いるときには、財産はそれぞれ分割すること・・・

本人が無権代理人を相続した場合

sign

「連帯保証人になっても良いよ。」と何らかの承諾をしていた場合、代理権を与えていたとみなされ保証契約は成立するで・・・

死亡退職金の相続性

hummer

相続人は、死亡した被相続人の財産を承継します。複数の相続人がいる場合、最終的には財産を分割しそれぞれの持分を相・・・

保険金請求権の相続性

calc

相続の方法に、限定承認という方法があるのをご存知でしょうか。相続人は死亡した被相続人の権利義務を承継するので、・・・

慰謝料請求権の相続性

sunflower

相続により、相続人は被相続人の一切の権利義務を承継するのですが、被相続人の一身に専属したものについては承継され・・・

相続財産の範囲

leaf

「相続人は、被相続人の一切の権利義務を承継する」と民法には書かれています。具体的に考えると、相続人が家や土地、・・・

遺産分割前に権利を取得した第三者はどうなるか

house-green

相続が開始しても、実際に遺産分割されるまでには時間がかかります。しかし、「どの財産が誰に相続されたのか、長い時・・・

相続財産はいつ相続人のものになるのか

被相続人が死亡することにより、相続が開始されます。相続人が一人の場合は問題ありませんが、複数の相続人がいる場合・・・

遺産分割の方法

「遺産分割」という言葉は知っていても、実際にどんなふうに分割方法を決めているか知っていますか?他の人の体験談を・・・

一人息子なら土地を処分できる?(遺産の共有関係)

A男は、父親B、母親Cの一人息子です。父Bと母親Cはとても仲が良く、おしどり夫婦として知られていました。やがて・・・

遺言書に書けること

遺言書と聞くと、「相続のために財産などについて書くもの」と思う方もいるでしょう。しかし、一定の方式に従ってさえ・・・

日付のない遺言書は有効か

【質問】  父母と兄弟で相続について話し合い、私が自宅の土地と建物を相続するという事が決まりました。そこで、父・・・

遺言執行者は必ず指定するべきか

【質問】  相続対策として、遺言をしようと思っています。遺言を執行するために「遺言執行者」が必要だと聞きました・・・

遺言における遺贈と相続の使い分け

土地を妻と子に受け継がせたいので、遺言をしようと思った場合、「遺贈」と「相続」という方法があります。どう違うの・・・

身体が不自由な方の場合(遺言書の作成)

身体の不自由な方が相続を考える場合、どのような遺言方法をとればよいのでしょうか。 例えば目が不自由な方が、遺言・・・

秘密証書遺言など

「相続について考えているのだが、他の人には知られずに、遺言をしたい。」遺言に関してそんな希望があった場合、何か・・・

公正証書遺言

「自分が死んだ後、相続人同士がもめないようにしっかりした形で遺言を残したい。」と思ったら、公正証書遺言を作成す・・・

遺言書に必要なのは?

「自分の死後の家族が困らないように、土地や財産の相続に関して書面を残しておきたい。」こう思った時、あなたならどうしますか。簡単なメモ書きや、エンディングノートでは意思は伝わっても法的効力が無い事が多いでしょう。ここはやはり、遺言書を書くべきかもしれません。

エンディングノート

エンディングノートを作っておくのはとても良いことですが、コラムにもあるように、相続に関する事項については遺言によらなければ法的効力が生じません。たとえば、遺産の分割方法の指定や、相続分の指定、遺贈などは、遺言によらなければ単なる希望に過ぎず、相続人に対しての拘束力をもちません。

死亡保険金の受領は特別受益にあたる?

保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条(特別受益者の相続分)の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には、同条の類推適用により、当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となると解するのが相当である。

サブコンテンツ

高島司法書士事務所

高島司法書士事務所へのご相談は、お電話(フリーダイヤル 0120-022-918 )でご予約いただくか、ご相談予約・お問い合わせのページをご覧くださいますようお願いいたします。

また、当事務所についての詳しい情報は、下記リンク先の高島司法書士事務所ウェブサイトをご覧ください。

高島司法書士事務所

アーカイブ

カテゴリー

このページの先頭へ