代襲相続(再代襲) - 相続・遺言の用語集

代襲相続とは、本来ならば相続人になるはずであった子(または、兄弟姉妹)が、相続開始(被相続人の死亡)前に死亡しているときに、その子(または相続人になるはずであった兄弟姉妹の子)が代わって相続することです。

代襲相続のイメージ

たとえば、上の図では、平成14年に父が死亡したとき、その法定相続人は、妻(図では「母」となっています)および長男、長女となるはずでした。

しかし、長女は平成12年にすでに死亡しています。そこで、本来であれば相続人になるはずであった長女に代わって、被相続人の孫である子1、子2が相続人となるのです。

これが代襲相続で、代襲相続した子1、子2を代襲相続人といいます

さらに、代襲相続人となるはずであった孫も、被相続人が亡くなる前に死亡していた場合には、その孫に子がいれば、その子が相続人となります。これを再代襲といいます。

なお、代襲相続は、相続人が相続開始前に死亡したとき以外に、相続人が欠格事由に該当する場合や、相続人が廃除された場合にも生じますが、相続人が相続放棄したときは代襲原因となりません。

兄弟姉妹の場合の代襲相続

代襲相続は、子が相続人となる場合以外に、兄弟姉妹が相続人となるはずだった場合にも生じます。つまり、相続人となるはずだった兄弟姉妹が、被相続人より先に亡くなっている場合、その子である甥や姪が相続人となるわけです。ただし、兄弟姉妹が相続人となるはずであった場合には、再代襲はしません。

遺産相続・遺言の手続きは松戸の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、2002年2月の開業以来、地元である松戸市、流山市、柏市をはじめ、近隣にお住まいの皆様方から、遺産相続・遺言に関する手続きを多数ご依頼いただいております。

お問い合わせ遺産相続や遺言に関することで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽に、松戸の高島司法書士事務所へご連絡ください。

司法書士に聞くべきかわからないご質問でも、ご遠慮なくお電話ください。業務範囲外のご相談であれば、適切な専門家をご紹介します。

松戸の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

このページの先頭へ