相続放棄 - 相続・遺言の用語集

相続放棄とは、被相続人(亡くなった方)の、権利(財産)や義務(負債)の一切を引き継がないためにする手続です。

相続放棄をするには、家庭裁判所へ相続放棄の申述をします。家庭裁判所で相続放棄の申述が受理されると、はじめから相続人でなかったものとみなされます。

したがって、被相続人が債務(借金)を抱えたまま亡くなった場合でも、相続放棄をすることで返済義務を負わないことになります。

そのため、相続放棄は、プラスの財産よりも、マイナスの財産(債務)の方が多いときに、その債務を引き継がないためにされることが多いです。

なお、相続放棄の申述は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから、3ヶ月以内にしなければならないのが原則です。くわしくは、相続放棄のページをご覧ください。

遺産相続・遺言の手続きは松戸の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、2002年2月の開業以来、地元である松戸市、流山市、柏市をはじめ、近隣にお住まいの皆様方から、遺産相続・遺言に関する手続きを多数ご依頼いただいております。

お問い合わせ遺産相続や遺言に関することで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽に、松戸の高島司法書士事務所へご連絡ください。

司法書士に聞くべきかわからないご質問でも、ご遠慮なくお電話ください。業務範囲外のご相談であれば、適切な専門家をご紹介します。

松戸の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

このページの先頭へ