<

遺留分とは - 相続・遺言の用語集

相続人が2名以上の場合(共同相続)、それぞれの共同相続人は法定相続分に従い遺産を相続する権利があります。

しかし、被相続人は、遺言書により相続分を指定したり、生前贈与することなどによって、全ての財産を特定の人に引き継がせることもできます。

ところが、このような場合でも、一定の相続人には、被相続人の意思に関わらず、最低限の相続分を受け取る権利が与えられています。これを遺留分といいます。

遺留分がある相続人は、配偶者、子(またはその代襲相続人)、直系尊属で、兄弟姉妹には遺留分はありません。被相続人の意思に反してまで、兄弟姉妹に遺産を相続する権利を与える必要はないからです。

遺留分がある相続人についての、具体的な遺留分の割合は次のとおりです。

1  直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の3分の1
2  それ以外の場合 被相続人の財産の2分の1

遺留分権利者が複数いる場合は、遺留分全体を民法の法定相続分の割合に従って分配します。たとえば、遺産の総額が1000万円で、相続人が妻と子2人の場合の遺留分は次のようになります。

遺留分の総額は、相続財産の2分の1なので500万円。法定相続分は妻が2分の1、子はそれぞれ4分の1ずつ。したがって、妻の遺留分は250万円、子は125万円ずつ。

したがって、たとえば、「長男に全ての財産を相続させる」との遺言を残して夫が亡くなった場合でも、妻は遺留分である250万円を受け取る権利があるのです。

遺留分減殺請求

遺留分が侵害された相続人(遺留分権利者)は、遺留分減殺請求をすることができます。遺留分減殺請求は意思表示のみで効力が生じるとされ、その方法はとくに定められていませんが、後日の争いを防ぐためにも内容証明郵便によるのがよいでしょう。

遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が、相続の開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅します。また、相続開始の時から10年を経過したときも、同様に時効消滅します。

よって、遺留分を侵害する贈与・遺贈があった時から1年以内には、内容証明郵便などにより遺留分減殺請求をおこなっておく必要があるわけです。

遺言のご相談は高島司法書士事務所へ

お問い合わせ遺言書の作成や、その他の遺言関連手続きのことで、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

費用のこと、必要書類のこと、手続きにかかる期間のこと、どんなことでも結構です。当事務所へお越しいただいての遺言書作成のご相談は、いつでも無料で承っております。

千葉県松戸市の高島司法書士事務所はすべてのお問い合わせに、親切、丁寧にお答えしています。お問い合わせをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

TEL :0120-022-918

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日は除く)

上記時間外でも、司法書士またはスタッフが事務所にいれば電話に出ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は午後8時頃まででしたらつながることが多いです。

このページの先頭へ