<

相続人の欠格事由とは - 相続・遺言の用語集

民法891条により、次に掲げる者は相続人となることができないとされています。これが相続人の欠格事由です。

  1. 故意に被相続人(または、相続について先順位もしくは同順位にある者)を死亡するに至らせ(または至らせようとし)たために、刑に処せられた者
  2. 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族であったときは、この限りでない。
  3. 詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、または変更することを妨げた者
  4. 詐欺または強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、または変更させた者
  5. 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者

ただし、相続欠格の要件は、自らが相続上有利な地位を得ようとの積極的な目的があることを必要としています。そこで、遺言書を破棄した場合であっても、「相続人の行為が相続に関して不当な利益を目的とするものでなかったとき」、たとえば、破棄した遺言書の内容がが自己に有利な内容のものであった場合には、相続欠格事由には当たりません。

また、遺言書の押印や訂正の仕方が方式を欠いていて無効な場合に、押印をするなどしてその方式を満たして有効な遺言とすることは、遺言書の偽造または変造に当たりますが、「それが遺言者の意思を実現させるためにその法形式を整える趣旨でされたにすぎないものであるとき」は相続欠格事由に当たらないとされています。

「相続人の欠格事由」の参考裁判例

相続人が相続に関する被相続人の遺言書を破棄、または隠匿した場合において、相続人の右行為が相続に関して不当な利益を目的とするものでなかったときは、右相続人は、民法891条5号所定の相続欠格者に当たらない(最高裁平成9年1月28日判決)。

相続に関する被相続人の遺言書またやはこれについてされている訂正が方式を欠き無効である場合に、相続人が右方式を具備させて有効な遺言書またはその訂正としての外形を作出する行為は、民法891条5号にいう遺言書の偽造または変造にあたるが、それが遺言者の意思を実現させるためにその法形式を整える趣旨でされたにすぎないものであるときは、右相続人は同号所定の相続欠格者にあたらない(最高裁昭和56年4月3日判決)。

遺産相続・遺言の手続きは松戸の高島司法書士事務所へ

千葉県松戸市の高島司法書士事務所では、2002年2月の開業以来、地元である松戸市、流山市、柏市をはじめ、近隣にお住まいの皆様方から、遺産相続・遺言に関する手続きを多数ご依頼いただいております。

代表司法書士の高島一寛は、ファイナンシャル・プランナーの資格も有しているので、遺産相続・遺言の手続きについて幅広いご相談を承ることができます。

ご相談は、JR常磐線・新京成線の松戸駅から徒歩1分の高島司法書士事務所にお越しいただくか、司法書士が出張することも可能です。なお、司法書士高島は、東京都内(豊島区、山手線沿線)に住んでおりますので、東京23区内であれば全く問題なくお伺いできます。

当事務所では、全てのご相談に経験豊富な司法書士が責任を持って直接ご対応いたします。安心してご相談ください。

このページの先頭へ