<

登記識別情報とは - 相続・遺言の用語集

登記識別情報とは、所有権の保存・移転登記、抵当権の設定・移転登記などにより新たに登記名義人となる申請人に、登記所から通知される情報をいいます。

登記識別情報が通知されるのは、平成17年3月7日に施行された新不動産登記法によりオンライン庁として指定された登記所で、登記申請手続きをしたときです。

よって、新不動産登記法の施行前、また、施行後であってもオンライン庁として指定されていない登記所で登記申請手続きをした場合には、登記識別情報は存在せず、登記済証(いわゆる「権利証」のことです)が交付されています。

つまり、登記識別情報は従来の権利証に代わるものであり、登記識別情報が通知された場合には、権利証は最初から作成されていないわけです。

なお、現在では全国全ての登記所(法務局)がオンライン庁となっていますので、登記済証(権利証)が新たに発行されることは無く、全て登記識別情報が通知されています。

登記識別情報通知書の例

登記をオンライン申請した場合には、登記識別情報の通知もオンライン(データ)によるのが原則なのですが、現状では、書面(登記識別情報通知書)の交付を受けるのが通常です(なお、書面申請の場合には必ず登記識別情報が交付されます)。

登記識別情報通知書は、A4サイズの薄い緑色の用紙で作成されます。具体的な様式は次のとおりです。

登記識別情報通知

次の登記の登記識別情報について、下記のとおり通知します。

【不動産】
 我孫子市我孫子一丁目1番○○の土地


【不動産番号】
 0402000000000

【受付年月日・受付番号(又は順位番号)】
 平成24年 1月 ○日

【登記の目的】
 所有権移転

【登記名義人】
 千葉県流山市松ヶ丘一丁目○○番地
 松戸 一郎

(以下余白)





*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

登記識別情報

平成24年 1月 ○日
千葉地方法務局柏支局
登記官 野田 太郎  (職印)

登記識別情報について

登記識別情報は、アラビア数字(算用数字)とその他の符号(アルファベット)の組み合わせで作成されます。不動産および登記名義人となった申請人ごとに定められる固有のものです。

用紙下部の「登記識別情報」との記載の下にある12個の四角の中に一文字ずつ記載されています(たとえば、「ABC-777-1DE-XYZ」のような具合です)。この四角の上には緑色のシールが貼られ、剥がさなければ登記識別情報が見えないようになっています。

登記識別情報が通知されるようになる前は、権利証(登記済証)が交付されていました。この権利証には、登記官によって「登記済」の印が押されており、それ自体が重要な物でした。

一方、登記識別情報では、その通知書自体が大切なわけでは無く、記載されている情報(登記識別情報)が重要です。登記識別情報を他人に知られると悪用される怖れがありますから、情報が見えないようにして保管することが必要です。

このページの先頭へ