司法書士など士業事務所のSEO対策

松戸の高島司法書士事務所のホームページおよびブログへは、非常に多くの方々にご訪問いただいています。

前回の記事にも書いたとおり、Googleが提供しているウェブ解析ツールGoogle アナリティクスによれば、昨年1年の当事務所ドメイン(office-takashima.com)のページへの訪問数は270,210だったので、1日平均740の訪問数があるわけです。

この訪問数は、個人が運営する司法書士やその他の士業事務所のホームページへのアクセス数としては相当に多い部類であるはずです。そこで、どのようにしてホームページおよびブログを作成、運用しているかについて書いてみることにします。

このブログをご覧いただいている方の中には、同業者も多いと思われます。以前は手のうちをお見せすることに抵抗がありました。しかし、現在はSEO(検索エンジン最適化)についての情報はいくらでも簡単に入手できるようになっていますから、私の行っているレベルのことを隠しても意味がありません。

また、当事務所のホームページは新規公開から10年以上が経過し、Googleのインデックスに登録されているページ数は1,248にも上ります。仮に私と全く同じようにホームページやブログを作ろうとしても、相当な時間がかかることは間違いありません。

そんなわけで、少しくらい情報を公開しても問題無いとの結論に至ったわけです。

ブログ、ホームページには、賢威テンプレートを使用

このブログおよびホームページは、テンプレート「賢威」によりすべて作成しています。賢威の紹介ページをご覧になれば分かるように、このテンプレートを使えばSEOに強いホームページやブログを作ることができます。

ただし、賢威テンプレートによりホームページやブログを作成するには、HTMLやCSSの知識がそれなりに必要です。多くの司法書士や士業・コンサルタントの方が利用しているような、誰でも簡単に作成・更新できるサービスとは違います。

その点では、少しハードルが高いと思いますが、社内にウェブ担当の技術者を置くことなしに、自分自身でホームページやブログの作成・運用をしていこうと考えるのであれば、最低限のHTMLやCSSの知識を身につけておくのは決して無駄にはならないと思います。

レンタルサーバーの契約

テンプレートを使用してホームページやブログ作成するときには、レンタルサーバーを使用してそのホームページ等を公開するのが通常です。

レンタルサーバーは安いものでは月に数百円で利用できるものもあります。1日のアクセス数がせいぜい数百のホームページであれば安いもので十分だともいえます。しかし、安いレンタルサーバーでは、多くのユーザーが1つのサーバーを共有するせいもあり、ページの読み込みに非常に時間がかかることもあります。

実際、私もあまりのレスポンスの悪さに、レンタルサーバーの引っ越しをおこなったことがあります。引っ越し作業は、システムに詳しい方でないとなかなか難しいと思われるので、最初から安心できるスペックのものを選んだ方がよいでしょう。

私が良いと感じているレンタルサーバーは「エックスサーバー」です(ただし、このホームページおよびブログが置かれているのは別のレンタルサーバーです)。私が契約しているのはX20プランで、このサーバーで多数のホームページやブログを運用していますが、不満を感じたことはありません。電話によるサポートを受けられるのも、大きなポイントです。


独自ドメインの取得

レンタルサーバーの契約をすれば、すぐにホームページを設置することができますが、無料で提供されるドメイン(たとえば、office-takashima.xsrv.jp のようなもの)ではなく、ぜひとも独自ドメインを取得するべきです。

独自ドメインは、契約したレンタルサーバーの会社で取ることもできます。けれども、ドメインの取得費用は業者により大きく異なります。私が良く利用しているのはムームードメインです。レンタルサーバーの一契約で複数のドメインを使えるので、そのうち数多くのドメインを取得したくなるはずです。

ドメインは保有している限りずっと維持費用がかかりますから、安いに越したことはないでしょう。どこで取得してもドメイン自体は同じものなので、価格が安くても品質が劣ることはありません(サポートの充実度などに違いがあることはあるでしょうが)。


ブログはWordpressで

レンタルサーバーでブログを作成するには、WordPressを使うのが現在の主流です。WordPressのサイトからプログラムをダウンロードしサーバーにインストールすることもできますが、レンタルサーバーで自動インストール機能を用意している場合には、それを利用するのが簡単です(エックスサーバーにも、もちろん自動インストール機能があります)。

レンタルサーバーにWordpressをインストールしたら、Wordpressテーマとして賢威テンプレートを設定します。この作業は賢威のマニュアルに従えばとくに難しいことはありません。そして、賢威テンプレートによるブログを公開するまでであれば、HTMLやCSSの専門知識は不要です。

ただし、公開されたブログは、デザインなどにカスタマイズを加える必要が絶対にあるはずです。そのときになって、HTMLやCSSなどの知識が必要となるわけです。それなりの学習は当然必要ですが、賢威は購入者向けのサポートも充実していますから、パソコンを普通に使いこなしている方であれば何とかなるはずです。

ウェブサイト作成、SEOのコンサルタントなど

SEOテンプレート、レンタルサーバー、独自ドメインの活用について、いかにも簡単そうに書いてみましたが、実際のところは無料ブログサービスを使うようなわけにはいきません。全く初めての方が1人で取り組むと、相当な困難が待ち受けているかもしれません。

すべてをトータルでサポートして貰えるようなサービスがあれば良いのですが、格安でそのようなことをおこなっている業者があるのかは分かりません。私がサポートして差し上げることも可能ですが、それなりの費用をいただくことになってしまいますのであまり現実的ではないでしょう(それでもという方は、お問い合わせください)。

何だか中途半端な締めくくりになってしまいましたが、ずいぶんと長くなってしまったので今回はこの辺までにしておきます。ホームページやブログの作成、そして、アクセスを集めるためのSEOについては今後も書いていくつもりです。

おまけ(バナープラスのご紹介)

このブログやホームページで使用しているバナーは、バナープラスで作成しています。バナー(banner)とは、他のサイトなどへのリンクを貼った画像のことですが、見栄えの良いものを自分で作るのはなかなか難しいものです。

それが、このバナープラスによれば簡単にプロ並みのものが作成できるのです。賢威を開発している株式会社ウェブライダーから発売されたので購入してみたのですが、短時間のうちに我ながら感動的なバナーを作ることができました。

司法書士高島の個人ブログでもご紹介していますので、よろしければご覧ください(バナープラスで、プロ並みのバナー作成が簡単に

追記 2015年1月19日

「司法書士 SEO」、「司法書士 SEO対策」いずれのキーワードでGoogle検索しても、現在このページが1位表示されます。私はseo業者ではありませんから、そのようなキーワードで1位表示されても意味がありませんし、また、メインブログはこちらなので、このブログが検索上位に表示されても仕方ないのですが。

それはさておき、2014年1月1日から12月31日までの当事務所ドメイン(office-takashima.com)のページへの訪問数(Google アナリティクスの「セッション」数)を確認したところ578,111となっておりました。2013年が270,210ですから倍以上に増えています。

ネット通販などとは違い事務所所在地からの距離による制約がありますから、サイトへのアクセス数が増えたからといってご依頼も倍増するわけではありませんが、それにしてもアクセス数が年々増えているのは良い傾向です。

ただし、最近の傾向を確認すると、2014年9月には1日あたりの訪問数が3,000を超えることがあったのが、2015年に入ってからは現在のところ2,383が最高と少し伸び悩んでいます。これまでは一貫して前年の数字を超え続けてきていたので、今年も何とか維持していきたいと考えています。

追記 2015年10月28日

「司法書士 SEO」で検索すると現在このページは2位に表示されていますが、3位にあるのは当事務所が今年1月に取得した新ドメイン名のサイトで運営する下記ブログです(1位は司法書士の「せお」さんによるサイトなので、SEOとは関係ないようです)。

司法書士のSEOブログ

新ドメイン名(shihou-shoshi.com)でのサイト作成についての日記的な記事が多くなっていますが、SEOの話題もありますのでよろしければご覧ください。

ちなみに、このウェブサイトはドメイン名の取得からまだ9か月ほどしか経っていませんが、「司法書士 松戸」、「松戸 司法書士」のいずれによってもGoogle検索で2位まで上昇しています(1位は高島司法書士事務所の旧ウェブサイトです)。

司法書士事務所のSEOはまだまだ難しくないようです。今後は、相続登記、相続放棄などのキーワードでもさらなる上位表示を目指していきたいと考えています。

コメントを残す

このページの先頭へ